社会福祉協議会とは

社協の位置づけ

社会福祉協議会は、社会福祉法第109条に基づき、地域福祉の推進を図ることを目的とし、全国・都道府県・市町村単位に組織された民間団体です。 行う事業は下記のように定められています。

  • (1)社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
  • (2)社会福祉に関する活動への住民参加のための援助
  • (3)社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
  • (4)その他、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

浜松市社会福祉協議会(市社協)とは

平成19年4月1日より、浜松市の政令指定都市移行に伴い、浜松市社会福祉協議会(以下「市社協」)も事務局と地区センター、事務所の体制に組織再編を行いました。

さらに、平成20年4月1日からは新たに東区に事務所を設置しました。

市社協は地域福祉を推進する団体として、「市民の参加と支えあいによる誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくり」を目指します。そのために、住民やボランティア、市民団体の方々など市域の公私福祉関係者とともに、小地域福祉活動、ボランティア活動、介護保険事業、障害者自立支援法に関する事業などに積極的に展開し、地域福祉の推進に取り組んでいきます。

このページの上部へ戻る