• HOME >
  • トピックス

トピック

「傾聴ボランティア養成講座」を開催しました

開催日時: 平成30年11月5日 ~ 平成30年11月19日   13:30 ~ 15:30

開催場所: 天竜保健福祉センター はつらつルーム

 「傾聴ボランティア養成講座」を開催しました。講師には浜松いのちの電話元研修スタッフ植田睦子氏をお迎えしました。
 講座では上手なコミュニケーションの取り方を、実践を交えて学んでいきます。傾聴は相手の心に寄りそって分かってあげること。みなさん難しいと言いつつも、ロールプレイではペアの方のお話を上手に聞き、返事をしていました。参加者の皆さんは人と接するお仕事をされている方が多く、学んだことを活かしていきたいという感想をいただきました。


  • 講座の様子

  • 講座の様子

主催者情報

担当者名天竜地区センター 倉田
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2018.11.26

あたご健康まつりにおじゃましました

開催日時: 平成30年11月4日 ~ 平成30年11月4日  

開催場所: 上阿多古西勢館

 上阿多古地区の地域イベントの「あたご健康まつり」におじゃましてきました。
 このイベントは診療所、高齢者施設、地域住民の皆で開催しており、健康をテーマにしたお話やレクリエーションが行われました。
 市社協では地域包括支援センター天竜の職員さんと一緒に、住み慣れた地域で自立して生活していくために健康寿命を延ばすことの大切さと、現在の自身の体力がどの程度なのかを知るためのプログラムを簡易的に体験していただきました。
 参加者は高齢の方が多く占めていましたが、体験中も談笑が絶えず住民同士のつながりの強さを感じることができました。



主催者情報

担当者名天竜地区センター 石野
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2018.11.08

神沢いきいきサロンにおじゃましました

開催日時: 平成30年10月17日 ~ 平成30年10月17日   10:00 ~ 15:00

開催場所: 明神荘

 熊地区内には5つのサロンがあります。今回はその中の一つ「神沢いきいきサロン」を訪れ70代から90代の方が参加する皆さんの元気な様子を伺ってきました。
 午前中は市社協が用意した手作りレターラックづくりを皆さんで楽しみました。材料の牛乳パックに思いおもいの色紙やデコレーションを貼りつけていき最後は紐で四方を閉じてゆきます。約2時間かけて出来上がったレターラックに「さっそく家で使ってみるよ」などと皆さん嬉しそうに話していました。
 昼食後は折紙で作った金魚のかざりづくりを行って楽しい一日を過ごしていました。


主催者情報

担当者名天竜地区センター
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2018.10.25

竜川地区サロン「あずま会」を訪問しました。

開催日時: 平成30年10月2日 ~ 平成30年10月2日   10:00 ~ 12:00

開催場所: 朝日会館

 竜川地区あずま会が開催されました。本日、あずま会には12名が参加されました。 
 最初に、シナプソロジーを行いました。前回体を動かす内容が多かったので今回はシナプソロジー以外にしりとりゲームや手先を使うゲームを行いました。台風24号が過ぎた直後だったので、台風の話題がメンバー間で飛び交っていました。会場の外の桜の木にも被害が出ていたため、来年の桜が見られない事を惜しむ声が出ていました。


  • 牛乳パックを使ったゲーム

  • 会場の外の樹木の様子を心配されています

主催者情報

担当者名天竜地区センター 前嶋
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2018.10.10

【天竜区】「傾聴ボランティア養成講座」参加者募集

開催日時: 平成30年11月5日 ~ 平成30年11月19日   13:30 ~ 15:30

開催場所: 天竜保健福祉センター はつらつルーム

募集期間: 平成30年10月5日 ~ 平成30年11月2日

家族、友人、知人と心通いあう関わりをもちませんか?

相手の心に寄り添って話を「聴く」ことは相手の心を元気にする素晴らしい効果があります。「聴き方」を学んでコミュニケーション上手になりませんか?

 第1回 11月 5日(月) コミュニケーションの取り方
 第2回 11月12日(月) 実践してみましょう!
 第3回 11月19日(月) ふりかえり
      いずれも13:30~15:30

 【対 象】 傾聴ボランティア活動に興味のある方

 【講 師】 植田睦子氏(浜松いのちの電話元研修スタッフ)

 【定 員】 20名 *定員になり次第締め切らせていただきます

 【参加費】 500円(3回分の資料・保険代など)

 【申込方法】 お電話でお申し込みください
         TEL:926-0322
 

H30傾聴講座チラシ.pdf 資料

主催者情報

担当者名天竜地区センター  倉田
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2018.10.09

【天竜区下阿多古地区】下阿多古地区サロン「上野いきいき会」を訪問しました。

開催日時: 平成30年9月12日 ~ 平成30年9月12日   13:00 ~ 15:00

開催場所: 下阿多古ふれあいセンター

本日、下阿多古地区上野いきいき会が開催されました。14名が参加されました。
皆さんでシナプソロジーを体験していただいた後、水分補給とおしゃべりを楽しみ、最後にお手玉ダーツを行いました。
 涼しい日でしたがシナプソロジーを体験していただいた後には身体が温まったというお声をいただきました。

主催者情報

担当者名天竜地区センター 前嶋
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2018.09.27

わたしがCSW(コミュニティソーシャルワーカー)です

開催日時: 平成31年9月20日 ~ 平成31年9月23日  

開催場所: くんま水車の里

 くんま水車の里が主催する「かかしコンテスト」に、CSW(コミュニティソーシャルワーカー)のかかしを出展させていただきました。
 それぞれに趣向を凝らしたかかしが勢ぞろいしていました。CSWのかかしの前では「CSWって何?」という言葉も聞かれ、チラシを手に取ってくれる方もおり、CSWの啓発につながりました。
 9月23日まで展示されていますので、ぜひ足を運んでみてください。



主催者情報

担当者名天竜地区センター:冨田
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2018.09.27

災害講演会を開催しました。

開催日時: 平成30年9月1日 ~ 平成30年9月1日   13:00 ~ 14:30

開催場所: 光明ふれあいセンター ホール

「災害講演会~災害時の情報伝達と○○電話に出来る事~」と題して講師にNTTフィールドテクノの青木智徳氏をお迎えしました。46名の方が参加しました。災害伝言ダイヤルが発災時でも機能する理由や様々な仕組み、使用上の注意点についてもお話していただきました。
     主な注意点
      ①連絡番号を決めておく(1つに決めておくと安否情報が1度で確認できます)
      ②予め話す内容を決めておく(録音時間30秒は思っている以上に短いです。)
参加者にはリーフレットを見ながら実際に伝言を残す体験をしていただきました。
講演終了後には活発な質疑応答があり「家族、親族で活用する」という意見も多く、有意義な時間となりました。


  • 講演会の様子

  • 171伝言ダイヤル体験中

主催者情報

担当者名天竜地区センター 前嶋
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2018.09.07

ママと子どもの仲間づくり講座(第1回)を開催しました

開催日時: 平成30年8月30日 ~ 平成30年8月30日   10:00 ~ 11:30

開催場所: 天竜保健福祉センター

 天竜地区センターでは子育て家庭同士の交流を図ることにより、孤独感や孤立感を感じさせないようにすることで、育児に対する不満をなくし、より良い子育てを支援するために講座を年間で5回開催しております。
 1回目となる今回は、浜松市子育てサロン「ひなたぼっこ」の石川千栄氏をお迎えしての開催となりました。
 親子で活動する親子タイムでは、座布団など身近なものを取り入れた子どもの健康な発達を支えるための運動が紹介され、子どもたちも大はしゃぎでお母さんと遊びに興じていました。
 後半のママタイムでは、子どもを託児ボランティアの皆さんに預け、身体の疲れがとれるエクササイズが紹介されました。日常生活の合間でもできるエクササイズを体験して、子育てで忙しいお母さんたちにぴったりの疲れを和らげる良い時間となりました。
 

主催者情報

担当者名天竜地区センター (石野)
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2018.09.03

【天竜区下阿多古地区】 上野サロンにおじゃましました

開催日時: 平成30年8月22日 ~ 平成30年8月22日  

 下阿多古地区の上野サロンにおじゃましてきました。
 今回は浜北天竜災害ボランティアコーディネーター連絡会の方が講師に来ていただき、「アクティブシニアの減災講座」が開催されました。
 災害が起きた時、まずは自分の身を守るために必要なことや、身の回りの物でお手軽に防災グッズの代用ができるアイデアなどを紹介しました。
 その他にも段ボールベッドの紹介や、お菓子にひと手間加えることで非常食としておいしく食べられる方法などをわかりやすく説明され、みなさん実際にベッドに座ってみて想像以上の丈夫さに驚いたり、お菓子で作った非常食の味に感動していらっしゃいました。
 このような地域での小さな取り組みが広がり、浜松市全体の防災・減災意識の高まりにつながれば災害に強い街づくりにつながると思いました。



主催者情報

担当者名天竜地区センター 石野
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2018.08.28

このページの上部へ戻る