• HOME >
  • トピックス

トピック

西区ふれあい交流会を開催しました

開催日時: 平成31年3月6日 ~ 平成31年3月6日   10:00 ~ 11:30

開催場所: 障害児入所施設 会議室・ホール

 西区内の福祉施設利用者、福祉団体の関係者、地域の民生委員児童委員などが参加して、ふれあい交流会が開催されました。
 発達障がいや施設についての理解を深め、レクリエーションを通じて交流しました。
 レクリエーションでは、ダンボールや新聞紙を使って、紙ちぎり、フリスビー、お風呂ごっこ、キャタピラーなど、体をたくさん動かして遊びました。
 子どもも大人も夢中になって遊び、楽しい時間を過ごしました。



主催者情報

主催者名西地区センター
担当者名河合
TEL・MAILTEL:053-596-1730
主催URLcsw-nisi@royal.ocn.ne.jp

公開日:2019.03.25

『ふれあい交流会』を開催しました

開催日時: 平成31年2月9日 ~ 平成31年2月9日   10:30 ~ 15:00

開催場所: みをつくし文化センター ホール

 心身に障がいのある方と地域の方々がレクリエーションをとおして交流を深めようと、北区内の福祉施設の利用者、福祉団体の関係者、地域の民生委員児童委員、学生ボランティアなどが参加して開催されました。
 参加者168名は、音楽に合わせて体を動かしたり、楽器を使って音や振動を体感しながら音楽レクリエーションを楽しんだ後、12のグループの対抗戦で牛乳パックを高く積む競技や大玉ころがしなどで得点を競い合いました。
 皆さん声を掛け合い、協力しながら活動し、楽しいふれあいの時を過ごしました。


  • 楽器で音や振動を楽しみました

  • 短い幅に切った牛乳パックを髙く積みました

主催者情報

主催者名浜松市社会福祉協議会 北地区センター
担当者名北地区センター 山本
TEL・MAILTEL:053-527-2941/MAIL:csw-kita@royal.ocn.ne.jp
主催URLcsw-kita@royal.ocn.ne.jp

公開日:2019.02.20

「表現未満、文化祭」2月1日~3日開催!

開催日時: 平成31年2月1日 ~ 平成31年2月3日   10:00 ~ 20:00

開催場所: たけし文化センター連尺町(浜松市中区連尺町314-30)

募集期間: 平成31年2月1日 ~ 平成31年2月3日

「表現未満、」プロジェクト開始から3年目になる今年度は、新設された文化センター連合尺町とその周辺を拠点に障害のある人たちとの日常、家族、知り合い、それぞれの関係の中から多種多様に生まれる「表現未満、」を総勢60企画、これでもかっ、と詰め込みました!また豪華トークイベントを4つも開催。皆さん、ぜひご参加ください!

詳細・日程

会期:2019年2月1・2・3日(金・土・日)

総合受付:たけし文化センター連尺町(浜松市中区連尺町314-30)※イベントは街中各地で開催!

開館時間:11:00〜21:00(日によって異なる)

参加費:各イベントで異なる

主催:認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ

共催:静岡県文化プログラム推進委員会 

バンプロ

トーク
4つの魅力的なトークを開催します。会場の都合上、お申込み頂けると大変有難いです。
こちらのフォームからお申込み下さい→https://req.qubo.jp/lets/form/miman

①親亡き後をぶっ壊せ!

日時| 2月2日(土)11:00〜12:30

ゲスト|熊谷晋一郎(東京大学先端科学技術研究センター准教授、小児科医)/テンギョウ・クラ(教師、コミュニケーター、ストリーテラー)/久保田翠(認定NPO法人クリエイティブポートレッツ代表)

②観光サミット〜観光やってますが、どうですか?〜

日時| 2月2日(土)| 14:00〜16:30

ゲスト|小松理虔(地域活動家)/里見喜久夫(季刊 『コトノネ』発行人、編集者、自然栽培パーティー副理事長)/上田假奈代(詩人、詩業家、NPO法人こうばんころの部屋代表理事)

③障害とアートと、その展示

日時| 2月2日(土)| 17:00〜19:30

ゲスト|山出淳也(NPO法人BEPPUPROJECT代表理事、アーティスト)/石田大祐(東京都現代美術館文化共生課)/中崎透(アーティスト)/吉本光宏(ニッセイ基礎研究所研究理事)/長島確(ドラマトゥルク、フェスティバルトーキョーディレクター)

④文化×福祉×街づくり〜変わる街、変わる福祉、変わる社会〜

日時| 2月3日(日)| 13:30〜17:00

ゲスト|堀田聰子(慶應義塾應大学大学院健康マネジメント研究科教授、認知症未来共創ハブ代表)/野崎伸一(厚生労働省社会・援護局地域福祉課生活困窮者自立支援室長/飯田大輔(社会福祉法人福祉楽団理事長)/久保田翠(認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ)

お申込みフォーム→https://req.qubo.jp/lets/form/miman

トーク詳細はこちらのHP アクセス↓
http://cslets.net/hotnews/news-1016" target=

企画画60発はこちらのブログをチェック↓
https://miman.hamazo.tv/" target=


主催者情報

担当者名事務局 久保田
TEL・MAILTEL:053-451-1355

公開日:2019.01.31

中区ふれあい交流会を開催しました!

開催場所: 浜松市福祉交流センター

障がいを抱える方とその家族、地域の福祉関係者が交流を通して“つながり”を築くことを目的に「中区ふれあい交流会」を開催しました。

今年は92名の方々にご参加いただき、昼食づくりやレクリエーションを通して交流を深めることができました。
また、開催にあたっては企業や福祉関係者の皆様に多大なご協力をいただきました。
ありがとうございました。

当日の詳細につきましては、別紙報告書をご覧ください。

H30中区ふれあい交流会報告書.pdf 資料

主催者情報

担当者名浜松地区センター
TEL・MAILTEL:053-453-0553

公開日:2019.01.16

「東区ふれあい交流会」を開催しました

開催日時: 平成30年12月1日 ~ 平成30年12月1日   10:00 ~ 12:00

開催場所: 浜松市総合産業展示館 北館3階7・8号会議室

 東区内の障がいのある方とそのご家族、地域の福祉関係者との交流を深めながら“顔の見える”関係を築いていくことを目的として開催しました。
 交流会前半は『災害に備える~自助・共助・協働のため~』と題し、
特定非営利活動法人 御前崎災害支援ネットワーク代表理事 落合美恵子氏を講師に招き、災害時の備えについて貴重なお話しをいただきました。
アルファ化米を使い、災害時道具の無い中での調理を実演する等、災害時の行動の仕方や普段からの準備の方法を具体的に教えていただくとともに、地域のつながりについて一緒に考えました。
 後半は地域ごとグループに分かれ、防災グッズ作りを体験しました。新聞紙とラップでお皿を作り、じゃがりこサラダや、前半実演で調理したアルファ化米をいただきました。アルファ化米は簡単に美味しく出来上がり、おかわりをする参加者も多く、皆で歓談しながら貴重な体験を共有することが出来ました。



主催者情報

担当者名浜松地区センター東区事務所
TEL・MAILTEL:053-422-3737

公開日:2018.12.14

南区ふれあい交流会を開催しました!

開催日時: 平成30年11月17日 ~ 平成30年11月17日  

開催場所: 浜松福祉協働センター(アンサンブル江之島)

 今年も交流を通してつながりを築くことを目的に「南区ふれあい交流会」を開催しました。
 当日は143名と多くの方々にご参加いただけました。開催に伴い、御協力を頂きました福祉事業所並びに企業の皆様、まことにありがとうございました。
 当日の詳細につきましては、別紙報告書をご覧ください。

報告書 HP.pdf 資料

主催者情報

担当者名浜松地区センター(柴山)
TEL・MAILTEL:053-453-0553

公開日:2018.12.14

中区ふれあい交流会の開催について

開催日時: 平成30年11月10日 ~ 平成30年11月10日   10:00 ~ 14:00

開催場所: 浜松市福祉交流センター内

募集期間: 平成30年10月11日 ~ 平成30年11月2日

 障がいを抱える方々と地域の福祉関係者とが、交流を通して“つながり”を築くことを目的に開催します。今年度はカレーライスなどを皆で作った後に食卓を囲みます。午後にはボッチャを行い、皆で交流します。
 多くのかたのご参加をお待ちしております。申込につきましては、別添チラシの申込書を使用してください。

03. 中区ふれあい交流会チラシ確定.docx 資料

主催者情報

担当者名浜松地区センター
TEL・MAILTEL:053-453-0553

公開日:2018.10.11

南区ふれあい交流会の開催について

開催日時: 平成30年11月17日 ~ 平成30年11月17日   10:00 ~ 14:00

開催場所: 浜松福祉協働センター(アンサンブル江之島)

募集期間: 平成30年10月11日 ~ 平成30年11月2日

 障がいを抱える方々と地域の福祉関係者とが、交流を通して“つながり”を築くことを目的に開催します。今年度はおにぎり・豚汁・餃子を皆で作った後に食卓を囲みます。午後にはボッチャを行い、皆で交流します。
 多くのかたのご参加をお待ちしております。申込につきましては、別添チラシの申込書を使用してください。

13.南区ふれあい交流会チラシ確定.docx 資料

主催者情報

担当者名浜松地区センター
TEL・MAILTEL:053-453-0553

公開日:2018.10.11

公益財団法人ヤマト福祉財団 福祉助成金募集について

◯障がい者給料増額支援助成金
1.ジャンプアップ助成金
 すでに障がい者の給料増額に一定の実績がある施設・事業所に対し、さらに多くの給料を支払うための事業資金として定額500万円を助成します。
【募集内容】
[1] 助成金額 定額500万円
[2] 助成件数 最大10件程度
[3] 助成対象事業
・障がい者の給料増額のモデルとなる本格的なしくみを取り入れた事業
・総事業費600万円以上※1の事業を対象にします
・現在ある備品等の代替費用および材料費等の消耗品は対象になりません
【応募要件】
[1] 平均給料一人当り既に月額2万円以上(就労継続支援A型事業所は月額8万円以上)
※2を支給していること
[2] 平成29(2017)年4月から1年間の給料支給実績がない事業所・施設は対象になりません
[3] 2020年2月末日までに事業を完了し、助成金を受給すること
[4] 助成対象となる事業所・施設
・就労継続支援A型事業所・就労継続支援B型事業所
・生活介護事業所・地域活動支援センター
※1差額は自己資金とし、地元の信用金庫等から融資を受ける事業を最優先に助成します
※2年間給料総支給額÷(期末在籍数×12ヵ月)
  年間給料総支給額÷(期末定員数×12ヵ月)
  どちらかで試算した月額平均給料が2万円以上(就労継続支援A型事業所は8万円以上)支給していれば可

2.ステップアップ助成金
 ステップアップ助成金は、障がい者の給料増額に努力し、全国平均以上の給料支給実績がある施設・事業所に対し、さらに多くの給料を支払うための事業資金として上限200万円を助成します。
【募集内容】
[1] 助成金額 上限200万円
[2] 助成件数 20件程度
[3] 助成対象事業
・障がい者の給料増額に効果的な事業、設備に限ります
・現在ある備品等の代替費用および材料費等の消耗品は対象になりません
【応募要件】
[1] 厚生労働省が発表した平成28年度全国平均工賃額15,295円以上(就労継続支援A型事業所は70,720円以上)※3を 支給していること
[2] 平成29(2017)年4月から1年間の給料支給実績がない事業所・施設は対象になりません
[3] 2020年2月末日までに事業を完了し、助成金を受給すること
[4] 助成対象となる事業所・施設
・就労継続支援A型事業所・就労継続支援B型事業所
・生活介護事業所・地域活動支援センター
※3年間給料総支給額÷(期末在籍数×12ヵ月
 年間給料総支給額÷(期末定員数×12ヵ月)
 どちらかで試算した月額平均給料が15,295円以上(就労継続支援A型事業所は70,720円)支給していれば可

◯障がい者福祉助成金
 下記の助成対象事業に該当する助成金を「障がい者福祉助成金」とします。対象となる事業を1つ選択して応募してください。
【募集内容】
[1] 助成総額 1,000万円 1件あたり 最大 100万円
[2] 助成対象事業 
  会議・講演会・研修・出版・啓発・調査・研究・スポーツ・文化の事業等
【応募要件】
[1] 2020年2月末日までに完了する事業に限ります
[2] 波及効果の望める事業を優先します

【応募方法】
以下の書類を揃えて提出してください。
(1)障がい者給料増額支援助成金を申請する施設・事業所
[1]1.ジャンプアップ助成金申請書 2.ステップアップ助成金申請書
  いずれかの申請書を使用し、必要事項を記入してください。
  (申請書及び記入例については下記URL先よりダウンロードできます。)
[2] 企画書 (書式自由 具体的な売上・給料増額計画をA4用紙3枚程度にまとめたもの)
[3]「障がい者給料増額支援助成金 添付資料No.1・No.2」
(添付資料 No.1及び添付資料 No.2については下記URL先よりダウンロードできます。)
(平成29(2017)年度の収入・給料支給実績、平成30(2018)年度の収入・給料支給の見通し、平成31(2019)年度と2020年度の収入・給料支給計画)
[4] 平成29年度工賃実績報告書のコピー(利用者の給料支給実績を都道府県へ提出している事業所。)提出していない事業所は平成29年度の給料総支給額と定員数がわかる書類のコピー
[5] 平成29年度収支決算書コピー(就労支援会計と福祉会計の収支が記載されたもの)
[6] 見積書・パンフレットなど価格のわかる資料

(2)障がい者福祉助成金を申請する団体・事業所
[1] 「3.障がい者福祉助成金申請書」
(3.障がい者福祉助成金申請書については下記URL先よりダウンロードできます。)
[2] 企画書・スケジュール・費用積算表(書式自由、A4用紙に限ります)

【応募期間】
平成30年10月1日(月)~平成30年11月30日(金)(当日消印有効)

【選考結果の通知】
平成31年3月開催予定の選考委員会で決定し、その結果を文書にて通知します(ホームページにも掲載)

【提出先】
〒104-0061 東京都中央区銀座2-12-18 ヤマト銀座ビル7階
公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局あて

主催者情報

担当者名公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局
TEL・MAILTEL:03-3248-0691
主催URLhttps://www.yamato-fukushi.jp/works/subsidy/

公開日:2018.10.02

光の園夏祭りを開催しました。

開催日時: 平成30年8月3日 ~ 平成30年8月3日   09:45 ~ 16:00

開催場所: 浜松市浜北障害者生活介護施設 光の園

光の園夏祭りを開催しました。

 浜松市浜北障害者生活介護施設 光の園では夏祭りを毎年開催しています。
 今年も光の園に通所する利用者さんが作成した的当てやゲーム、魚釣り、チャレンジコーナーなどで来場者を迎えました。
 隣接する子育てセンターの園児や自治会の方、シニアクラブの皆さん、他の障害者施設の方など約200人に来所していただき、夏のひとときを楽しく過ごしていただきました。
 また、通所する利用者さんによるおみこしの引き回しは「わっしょい、わっしょい」の掛け声とともに大きな盛り上がりをみせました。来場者のみなさんも一緒に輪になっていただき、絆が深まりました。


  • ペットボトルで作ったカエルを飛ばすゲーム

  • おみこしの引き回しの様子

主催者情報

主催者名浜松市浜北障害者生活介護施設 光の園
担当者名渡邊、中村
TEL・MAILTEL:053-586-6060

公開日:2018.08.16

このページの上部へ戻る