• HOME >
  • トピックス

トピック

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う緊急小口資金特例貸付のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の発生が要因となり、それによる休業や失業などで一時的、または継続的に収入が減少したことで生活費にお困りの世帯に対して、必要と認められる場合に貸付が行われます。


緊急小口資金…一時的な資金が必要な方(主に休業、収入減少された方)

対象:新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯
貸付金額:10万円 (学校の休業等の特例20万円)
据置期間:1年以内  償還期間:2年以内



総合支援資金(生活支援費)…生活の立て直しが必要な方(主に失業された方)

対象:新型コロナウイルス感染症の影響を受け、失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
貸付条件:(単身)月15万円以内(2人以上)月20万円以内
貸付期間:原則3か月以内
据置期間:1年以内  償還期間:10年以内
※いずれも無利子



◆貸付相談開始日:令和2年3月25日(水)

◆完全予約制 (追記)
ご相談を希望の方は、事前にお住いの区の地区センターにお問い合わせください。
相談者同士の接触、相談者と相談対応者との接触を必要最小限とする対応のため、ご理解ください。

◆持ち物 (追記)
添付資料 特例貸付借入申込書をご覧ください。
①通帳 ②印鑑 
③本人の確認資料 (住民票、運転免許証、住民基本台帳カード、健康保険証など)
④減収等が確認できる書類(給与明細、通帳のコピーなど)


◆貸付相談窓口:お住まいの区の地区センター
浜松地区センター(中区・南区)
053-453-0553
東区事務所(東区)        
053-422-3737
西地区センター(西区)     
053-596-1730
北地区センター(北区)
053-527-2941
浜北地区センター(浜北区)
053-586-4499
天竜地区センター(天竜区)
053-926-0322



借入申込書.pdf 資料

主催者情報

担当者名地域支援課
TEL・MAILTEL:053-453-0580

公開日:2020.04.13

ふれあい交流センター湖南伝言版4月号

 ・名称変更等案内
 ・歌と踊りの祭り中止のお知らせ
 ・メンズクッキング受講者募集
 ・元気はつらつ教室 3月の主活動
 ・上半期教養講座のお知らせ
 ・利用者へのお願い(新型コロナウィルス感染防止について)

湖南荘伝言版 R2年度4月号.pdf 資料

主催者情報

担当者名ふれあい交流センター湖南
TEL・MAILTEL:053-596-1866

公開日:2020.04.01

2020年度シニアボランティア助成活動・ビジネスパーソンボランティア活動助成募集

2020年度 「シニアボランティア活動助成」「ビジネスパーソンボランティア 活動助成」実施要領の概要は下記のとおりです。

〇「シニアボランティア活動助成」
 助成趣旨
 シニア(年齢満 60 歳以上)のボランティア活動を支援することにより、シニアのボランティア活動の振興と社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

 応募資格
 社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとする シニア(年齢満60歳以上)が80%以上のグループ (NPO 法人を含む) 。
ただし、過去5年以内(2015年~2019年)に当財団の助成を受けたグループは除く。


〇「 ビジネスパーソン ボランティア活動助成」
 助成趣旨
 ビジネスパーソンのボランティア活動を支援することにより 、 ビジネスパーソン のボランティア活動の振興と社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

 応募資格
 社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするビジネスパーソン(会社員、団体職員、公務員、経営者・個人事業主)が80%以上のグループ NPO 法人を含む 。ただし、過去5年以内(2015年~2019年)に当財団の助成を受けたグループは除く。


〇シニア、ビジネスパーソン共通
 活動テーマ
(1)高齢者福祉に関するボランティア活動
(2)障がい者福祉に関するボランティア活動
(3) こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動
ただし、少年野球・サッカーなどのスポーツ活動や通常のこども会活動は除く。
いずれも目的、計画等が明確な日本国内での無償の活動とする。


助成金
シニアボランティア活動助成、ビジネスパーソンボランティア活動助成 と合わせて総額原則 1,000 万円以内
1件原則 10 万円 特に内容が優れている場合は 20 万円限度で助成
申請金額は「万円単位」とする。
直接ボランティア活動に要する費用とし、グループの事務所家賃、事務用 パソコンの購入費用、ボランティアメンバーの飲食費および日当・謝礼等 は助成の対象としない。


応募方法
①当財団所定の申込書( 「活動概要」「名簿」を含む)に必要事項 を記入のうえ、当財団事務局宛に郵送 してください。申込書は当財団ホームページ(HP)よりダウンロードできます。インターネットをご利用になれない場合は、申込書を郵送しますので、FAX等で請求してください。
(応募は必ず「A4サイズ」片面印字で送付してください)URL:http://www.daido-life-welfare.or.jp/
なお、申込書記入上の注意事項は当財団HPを参照ください。
②申込書の作成は、パソコン等による黒字印字、あるいは黒インクまたは黒ボールペンによる記入でお願いします。
③当財団所定の申込書以外の資料添付は不要です。
④同時に当財団の複数の助成に応募することはできません。 実選考方法 当財団選考委員会で選考のうえ、助成先および助成金額を決定します。

公募期間
2020年4月1日(水) ~ 2020年5月25日(月) (当日消印有効)


書類送付先
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1丁目2番1号 大同生命大阪本社ビル内
公益財団法人 大同生命厚生事業団 事務局
TEL(06)6447-7101 FAX(06)6447-7102

主催者情報

担当者名公益財団法人 大同生命厚生事業団 事務局
TEL・MAILTEL:06-6447-7101
主催URLhttp://www.daido-life-welfare.or.jp/

公開日:2020.03.30

2020年度(第46回)社会福祉助成金募集要綱

 丸紅基金では、国民福祉の向上に資することを目的とし、全国の福祉施設や団体が必要とする設備、機器、車輌、家屋のほか、各種団体が行う調査・研究活動などに資金助成が行われます。

【助成対象】  
社会福祉事業(福祉施設の運営、福祉活動など)を行う民間の団体が企画する事業案件で、次の条件を具備するもの。
(1) 申込者(実施主体)は、原則として非営利の法人であること
    (ただし、法人ではない場合でも3年以上の継続的な活動実績があり、組織的な活動を行っている団体
   は対象)
(2) 明確な目的を持ち、実施主体、内容、期間が明らかである非営利の法人であること
(3) 助成決定から1年以内に実施が完了する予定のものであること
(4) 一般的な経費不足の補填でないこと
(5) 申込案件に、国や地方公共団体の公的補助が見込めないこと、また他の民間機関からの助成と重複し
ないこと

【選考基準】  
(1) 先駆的・開拓的な事業案件であって、社会福祉の充実・向上に波及効果が期待されるものを優先
(2) 緊急性が高いものを優先
(3) 社会福祉事業に従事する人々の環境改善・向上に役立つもの優先
(4) 直近3年度以内に丸紅基金の助成を受けている団体は優先度が低い

【助成金額】 1件当り200万円を上限

【応募締切】   郵送のみ 2020年5月31日(日)消印有効
  ※申込用紙など関係書類等、詳細は丸紅基金ホームページをご覧ください。
http://www.marubeni.or.jp/

【問い合わせ・書類の送付先】
社会福祉法人 丸紅基金
  〒103-6060 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
  TEL 03-3282-7591/7592 FAX 03-3282-9541

主催者情報

担当者名社会福祉法人 丸紅基金
TEL・MAILTEL:03-3282-7591
主催URLhttp://www.marubeni.or.jp/

公開日:2020.03.30

「2020年度 新設の図書館におもちゃセット助成事業」のご案内


1.財団の目的及び事業
 当財団は,障害のある子ども達が健やかに成長することを願い「おもちゃ図書館」のボランティア活動を支援するために,株式会社バンダイの創業者である山科直治氏故人が私財を基金として拠出し、1984年に設立されました。
 ボランティアが運営する全国の「おもちゃ図書館」や,老人福祉施設・老人ホーム等に開設する「おもちゃ図書館」におもちゃの助成を行っています。



2.初めておもちゃ図書館を開設するにあたって
 「おもちゃ図書館」は障害のある子やない子も共に遊び,交流し育ち会う場となっています。一人ひとりの違いを認め合い,共に生きる地域づくりを目指しています。
 ぜひ仲間に加わっていただき,子ども達が気に入ったおもちゃを選んで,遊ぶ場・機会を提供していただけたらと思います。



3.事業の主体
  一般財団法人 日本おもちゃ図書館財団



4.事業の後援
  社会福祉法人 全国社会福祉協議会



5. 助成の対象となる「おもちゃ図書館」
 ・無料で利用され,近隣の方にも開放されること。
 ・おもちゃの貸出を行うこと。(又は貸出の努力をすること)
 ・年度内に開設を予定している「おもちゃ図書館」
 ・当財団の助成を受けたことがない設立2年以内の既存の「おもちゃ図書館」
 ・各地域の社会福祉協議会の推薦を得ること。



6.助成の内容
 「おもちゃ図書館」に,①と②を助成します。
  ①おもちゃセットを提供(20万円相当品)
  ②開設の際に必要な物品等の購入費用として10万円以内を助成
  (例:追加のおもちゃ,カーペット,おもちゃ箱,陳列棚,開設のチラシ等)



7.申込書と締切り
  申込書は財団ホームページからダウンロード,印刷が可能です。
  ・指定の申込書・別紙様式:[1]と[2]に必要事項を記入の上,
   2020年5月25日(必着)郵送にて提出して下さい。(メール・FAX 不可)
  ・市区町の社会福祉協議会から推薦(申込書[2]の下段)を得てください。



8.選考・審査の方法と決定通知
  ・締切り後に申込書を当財団の「審査委員会」で審査の上,7月中旬(予定)の
   「理事会」で審議を経て,助成先の図書館を決定致します。
  ・可否決定通知は7月下旬(予定)に該当の図書館に文書で通知致します。



9.完了報告
  ・助成を受けたおもちゃ図書館は,事業終了後に助成事業の実施状況,
   助成金の使用状況などについて報告書を提出して頂きます。
  ・助成金で購入したおもちゃ・備品等のリストとその金額,領収証を
   報告書に添付して下さい。



10.その他
  ・本申請の審査をする際に,更に必要な書類の提出や 訪問調査を行う
   場合もあります。
  ・問合わせをすることがありますので,申込書や報告書のコピーを必ず
   保存しておいて下さい。
  ・おもちゃセットの写真と詳細はホームページを確認して下さい。
  ・おもちゃセットの内容は変更になる場合があります。



11.申込先及び,連絡窓口
  一般財団法人 日本おもちゃ図書館財団
  〒108-0014 東京都港区芝 5-31-15 センチュリー三田ビル7階
  TEL:03-6435-2842 /  FAX : 03-6435-2843
  

主催者情報

担当者名一般財団法人 日本おもちゃ図書館財団
TEL・MAILTEL:03-6435-2842
主催URLhttp://www.toylib.or.jp

公開日:2020.03.24

「2020年度 既設のおもちゃ図書館におもちゃセット助成事業」のご案内

1.財団の目的及び事業

 当財団は,障害のある子ども達が健やかに成長することを願い「おもちゃ図書館」のボランティア活動を支援するために、株式会社バンダイの創業者である山科直治氏故人が私財を基金として拠出し,1984年に設立されました。
 ボランティアが運営する全国の「おもちゃ図書館」や、老人福祉施設・老人ホーム等に開設する「おもちゃ図書館」におもちゃ等の助成を行っています。
  2020年度の助成事業は以下の通りです。



2.事業の主体

 一般財団法人 日本おもちゃ図書館財団



3.事業の後援

 社会福祉法人 全国社会福祉協議会



4.助成の対象となる既設の「おもちゃ図書館」

 ・既設の「おもちゃ図書館」で,障害のある子もない子達も共に
  利用され近隣に開放されていること。
 ・無料で利用することができ,おもちゃの貸出を行うこと。
  (又は貸出の努力をすること)



5.助成の内容

 ・おもちゃセットを提供(10万円相当品)



6.申込書と締切り

 申込書は財団ホームページからダウンロード,印刷が可能です。

 ・指定の申込書・別紙様式:[1]に必要事項を記入の上,2020年5月25日(必着)
  郵送にて提出して下さい。(メール・FAX 不可)



7.選考・審査の方法と決定通知

 ・締切り後に申込書を当財団の「審査委員会」で審査の上,7月中旬(予定)の
  「理事会」で審議を経て,助成先の図書館を決定致します。
 ・可否決定通知は7月下旬(予定)に該当の図書館に文書で通知致します。



8.完了報告

 ・助成を受けた「おもちゃ図書館」は,事業終了後に助成事業の実施状況など
  について報告書を提出して頂きます。



9.その他

 ・前年度の助成を受けている場合は,本年度は対象外となります。 
 ・本申請の審査をする際に,更に必要な書類の提出や 訪問調査を行う場合もあります。
 ・問合わせをすることがありますので,申込書や報告書のコピーを必ず保存しておいて下さい。
 ・おもちゃセットの写真と詳細はホームページをご確認下さい。
 ・おもちゃセットの内容は変更になる場合があります。
 ・「新設のおもちゃ図書館」,「老人福祉施設・老人ホーム等のおもちゃ
  図書館」にも助成を行っていますので詳細はホームページをご確認下さい。



10.申込先及び,連絡窓口

  一般財団法人 日本おもちゃ図書館財団
  〒108-0014 東京都港区芝 5-31-15 センチュリー三田ビル7階
  TEL:03-6435-2842 FAX:03-6435-2843
  http://www.toylib.or.jp

主催者情報

担当者名一般財団法人 日本おもちゃ図書館財団
TEL・MAILTEL:03-6435-2842
主催URLhttp://www.toylib.or.jp

公開日:2020.03.23

デイサービス幸 ボランティア募集

 ★ ボランティア募集のお知らせ ★

 (施設名)デイサービス幸
 (住 所)浜松市中区曳馬六丁目22番19号

 ※ 詳しくは、資料をご覧ください。

020317 デイサービス幸.pdf 資料

主催者情報

担当者名橋本・宮崎
TEL・MAILTEL:053-489-5526

公開日:2020.03.20

湖東だより 4月号が完成しました!

 〔Topics〕
 ・「ふれあい交流センター」になりました!!
 ・新型コロナウィルス感染防止のためのお願い!
 ・あなたも同好会に入りませんか!
 ・催し物等のご案内           4月・5月
 ・元気はつらつ教室のご案内     3月
 ・健康相談日               4月15日(水)・5月20日(水)
 ・ウィルスから身を守るには!
 ・館長のつぶやき

湖東だより4月号.pdf 資料

主催者情報

担当者名浜松市ふれあい交流センター 湖東
TEL・MAILTEL:053-486-0650

公開日:2020.03.20

令和2年度「植山つる児童福祉研究奨励基金」研究助成の募集

1.主旨
  児童福祉の実践処遇の仕事に情熱をもやし、自らの技術と専門性を高めるために積極的に研究活動に励む
 保育士等職員の研究活動を奨励するために、研究費の一部を助成する(研究期間は1年間とする)。


2.対象
  研究A(自主研究)
  ・児童福祉法第7条に定める児童福祉施設に働く職員(個人・施設・グループ・団体)
  ・児童福祉に関する自主研究

  研究B(専門研究)
  ・児童福祉法第7条に定める児童福祉施設に働く職員(施設・グループ・団体)
  ・児童福祉に関する自主研究であり、すでに基礎的な研究を終了し、さらに成果を
   発展させるための共同研究であること。ただし、学識者の協力を条件とする。
  ※個人を除く。また、今年度内に、同じ研究テーマで、他の研究助成の対象となっている場合も除く。


3.助成金額
  研究A(自主研究) 各研究助成額は20万円以内。(若干名に助成)

  研究B(専門研究) 研究助成額は100万円以内。。(若干名に助成)



4.申請方法
  助成希望者は、当基金所定の申請書に必要事項を記入の上、下記の植山つる児童福祉研究奨励基金・事務局(全国社会福祉協議会 児童福祉部)宛に郵送にて提出。
  植山つる児童福祉研究奨励基金運営委員会
   〒100-8980
   東京都千代田区霞が関3-3-2新霞が関ビル
   社会福祉法人 全国社会福祉協議会 児童福祉部内
   ℡:03-3581-6503 / fax:03-3581-6509


5.申込み締め切り
  令和2年8月7日(金)【必着】

◆詳細は下記主催者URLをご確認ください。





主催者情報

担当者名 社会福祉法人 全国社会福祉協議会 児童福祉部内
TEL・MAILTEL:03-3581-6503/MAIL:ueyama-turu-fund@shakyo.or.jp
主催URLhttp://www.shakyo.or.jp/

公開日:2020.03.13

社会福祉協議会学習支援教室中止のお知らせ

開催日時: 2020年3月16日 ~ 2020年3月23日  

開催場所: 学習支援教室 入野地区・城北地区・白脇地区・萩丘地区・三方原地区

コロナウイルス対策で3月16日(月)~23日(月)まで入野地区・城北地区・白脇地区・萩丘地区・三方原地区の学習支援教室を休止させて頂きます

主催者情報

主催者名浜松市市社会福祉協議会
担当者名地域支援課
TEL・MAILTEL:053-453-0580/MAIL:h-hamamatsu@globe.ocn.ne.jp
主催URLh-hamamatsu@globe.ocn.ne.jp

公開日:2020.03.13

このページの上部へ戻る