• HOME >
  • トピックス

トピック

生活福祉資金「緊急小口資金」「総合支援資金」特例貸付の相談・受付業務について

 新型コロナウィルス感染症の影響で、収入が減少し生活に困窮する方へ、貸付の相談・申請の受付業務を行っています。
不特定多数の相談者と接することが多く密の状態になりやすいため、感染予防の観点から「完全予約制」で実施しております。
 ご予約受付後、来所の際には、「マスクの着用」と「来所前の検温(来所前に検温していただき、発熱等ある場合は、その旨ご連絡ください。)」をお願いいたします。

 ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

O Conselho de Bem Estar Social das províncias está implementando o Programa de empréstimo de fundos para a subsistência e bem estar, que empresta fundos necessários para o dia a dia e outros, voltado para as famílias de baixa renda.
No âmbito deste Programa, as famílias que podem receber o empréstimo foram ampliadas para além daquelas de baixa renda, considerando-se o impacto do novo coronavírus, e será oferecido empréstimo especial de fundo emergencial de valor baixo para as pessoas que estão com dificuldades financeiras no dia a dia devido à interrupção do trabalho, desemprego ou outros motivos.
Se desejar consultar, por favor telefone antes de vir. As informações de contato podem ser encontradas abaixo.


The Social Welfare Councils of all prefectures are providing a welfare fund loan system to lend necessary funds for living and other expenses to low-income households.
In light of the impact of the COVID-19 pandemic, the number of households that are eligible for loans under this system will be expanded to include non-low-income households. Special loans such as emergency small amount funds will be provided to households that are struggling for their living expenses as a result of temporary stoppage of work or unemployment.
Please use the contact information provided below for questions about specific contents.


ア. 緊急小口資金について(主に休業された方向け)
  緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用をお貸しします。

  対象者:新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、休業等による収入の減少があり、
      緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯。

  「貸付上限額」「据置期間」「償還期限」等につきましては、
   厚生労働省のホームページをご確認ください。
   https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/samout/index.html

   ◆緊急小口資金の相談をされたい方
    (1)初回相談は、お住まいの区の地区センターにて電話受付をします。
    (2)電話相談の後、貸付の申請が可能と思われる場合は、
       お住まいの区の地区センターの窓口に来所いただき手続きを行います。
      ※来所いただく日はご相談の上、決めさせていただきます。

  ◆持ち物 
    ①申込に必要な各種書類は、添付ファイルの資料をご確認ください。
    ②通帳 
    ③印鑑(銀行印)
    ④本人の確認資料(世帯全員分の住民票、マイナンバー記載なし、
     世帯主・続柄・本籍・筆頭者あり、発行から3か月以内)
    ⑤収入の減少状況に関する申立書の作成時に参考とさせていただく 減収等が
     確認できる書類(給与明細、通帳のコピーなど)

  ◆申込書等の記入における注意事項
   ・「1.借入申込書」の「氏名」の欄は、自署で記入ください。
   ・「2-1.借用書表面」および「2-2.重要事項説明書(借用書裏面)」は、
    全て自署で記入ください。


イ.総合支援資金(主に失業された方等向け)
  生活再建までの間に必要な生活費用をお貸しします。

  対象者:新型コロナウイルスの影響を受けて、収入の減少や失業等により生活に困窮し、
      日常生活の維持が困難となっている世帯。

   「貸付上限額」「据置期間」「償還期限」等につきましては、
    厚生労働省のホームページをご確認ください。
    https://corona-support.mhlw.go.jp/seikatsufukushi/general/index.html

  ◆総合支援資金の相談をされたい方
    (1)初回相談は、お住まいの区の地区センターにて電話受付をします。
    (2)電話相談の後、貸付の申請が可能と思われる場合は、
       お住まいの区の地区センターの窓口に来所いただき手続きを行います。
      ※来所いただく日はご相談の上、決めさせていただきます。

  ◆持ち物 
    ①申込に必要な各種書類は、窓口にてお渡しします。
    ②通帳 
    ③印鑑(銀行印)
    ④本人の確認資料(世帯全員分の住民票、マイナンバー記載なし、
     世帯主・続柄・本籍・筆頭者あり、発行から3か月以内)
    ⑤収入の減少状況に関する申立書の作成時に参考とさせていただく減収等が
     確認できる書類(給与明細、通帳のコピーなど)

  ◆その他
   ・総合支援資金については、申請の際に、償還開始までに自立相談支援機関からの支援を
    受けることに同意することをもって、貸付を行います。(申請時に面談があります。)
   ・特例措置においては、貸付3月目においても日常生活の維持が困難な場合、
    更に3月以内(60万円以内)追加で貸付を行うことができます。


 貸付相談窓口:お住まいの区の地区センター
 (Telefone para contato)
 (Contact phone number)

 浜松地区センター(中区・南区にお住まいの方)
 (Aqueles que vivem em Naka-ku, Minami-ku)
 (Those who live in Naka-ku, Minami-ku)
 053-453-0553

 東区事務所(東区にお住まいの方) 
 (Aqueles que vivem em Higashi-ku)
 (Those who live in Higashi-ku)
 053-422-3737

 西地区センター(西区にお住まいの方)
 (Aqueles que vivem em Nishi-ku)
 (Those who live in Nishi-ku)
 053-596-1730

 北地区センター(北区にお住まいの方)
 (Aqueles que vivem em Kita-ku)
 (Those who live in Kita-ku)
 053-527-2941

 浜北地区センター(浜北区にお住まいの方)
 (Aqueles que vivem em Hamakita-ku)
 (Those who live in Hamakita-ku)
 053-586-4499

 天竜地区センター(天竜区にお住まいの方)
 (Aqueles que vivem em Tenryu-ku)
 (Those who live in Tenryu-ku)
 053-926-0322

緊急小口資金申込書等.zip 資料

主催者情報

担当者名浜松市社会福祉協議会 地域支援課
TEL・MAILTEL:053-453-0580

公開日:2022.02.15

ふれあい交流センター萩原だより2月号

ふれあい交流センター萩原だより
 ・作品展の報告とスナップ写真
 ・フードドライブのお礼!
 ・健康相談日の予定
 ・元気はつらつ教室
  教室の風景と利用者募集など

2月.pdf 資料

主催者情報

担当者名ふれあい交流センター萩原
TEL・MAILTEL:053-439-4178

公開日:2022.02.05

令和3年度 ボランティアグループ・福祉団体助成金のお知らせ

社会福祉の向上を目的とする事業を行う浜松市内のボランティアグループ・福祉団体に対し助成金を交付することで、市民の地域福祉活動への主体的な参加を促し、市民自らがボランティア活動を通じて、地域福祉活動の推進を図ることを目的とするものです。

【助成金の内容】
これまでに浜松市内にて実施してきた事業で継続する必要性が高く、今後も支援が必要と思われる事業
(1)対象団体(すべて該当する団体)
①1年以上の活動実績のあるボランティアグループ及び福祉団体
②法人格のない団体
③浜松市社会福祉協議会の会員(賛助会員・特別会員)又はボランティア登録をしているボランテ
ィア団体及び福祉団体
④浜松市に拠点があり、浜松市内で活動するボランティアグループ及び福祉団体
⑤地区社会福祉協議会から補助金及び助成金を受けていないボランティアグループ及び福祉団体
(2)対象事業
これまでに実施してきた事業で継続する必要性が高く、今後も支援が必要と思われる事業
(福祉の増進を図る事業、高齢者支援に関する事業、障がい児者支援に関する事業、児童健全育成を
図る事業、災害ボランティア育成に関する事業、災害時要援護者に関する事業など)
(3)助成金額及び助成件数
1グループ・団体につき5万円を上限に、助成希望金額を踏まえ、審査により助成金額を
予算の範囲内で決定します。


【申請の方法】
1.申請に必要な書類
 (1)助成金交付申請書(第1号様式)
 (2)助成事業計画書(第2号様式)
 (3)会則、グループ・団体のパンフレット、決算・事業報告等の団体の活動内容がわかるもの
※申請様式は、下記にてダウンロードできます。
2.留意事項
 (1)助成金申請は、千円単位(千円未満切り捨て)
 (2)申請書類に不備がある場合は、申請対象から外します。
 (3)助成金の決定は、1団体に対して1事業です。

【申請受付期間】
 令和3年4月26日(月)から令和3年5月31日(月)※必着

【申込先】
 浜松市社会福祉協議会 各地区センター、事務所

その他の詳細については応募要領をご確認ください。

応募要領(R3).docx 資料
様式集(R3).doc 資料
ボランティア登録カード.pdf 資料

主催者情報

担当者名地域支援課
TEL・MAILTEL:053-453-0580

公開日:2021.04.15

ふれあい交流センター湖南だより4月号

●新年度ご挨拶
●教養講座(上半期)のご案内
●遺言と相続、土地問題の相談会
●「春の歌と踊りの祭り」開催中止のお知らせ
●健康相談のお知らせ
●元気はつらつ教室
 〇3月の活動の様子
 〇4月の活動予定
 〇利用者さん募集案内

湖南だより4月号.pdf 資料

主催者情報

担当者名ふれあい交流センター湖南 西山
TEL・MAILTEL:053-596-1866

公開日:2021.04.01

(公財)鈴木道雄記念財団 福祉車両・電動車いす 寄贈先募集について

【目的】
社会福祉法人へ福祉車両及び電動車いす(以下「福祉車両等」)を寄贈し、もって障がい者(児)・高齢者の福祉の向上に寄与することを目的とする。

【寄贈内容】(寄贈先は、静岡県内に限ります。)
・福祉車両
 車種: 軽自動車(昇降シート車 又は 車いす移動車のいずれかをご指定ください。)
 台数: 1法人につき1台
・車いす
 車種: 電動車いす(ジョイスティック操作型 又は ハンドル操作型のいずれかをご指定ください。)
 台数: 1法人につき1台

【応募方法】
下記の「申込書」を印刷し必要事項を記入の上、添付書類を添えて、郵送にて送付。
◯添付書類
・定款
・会報誌・パンフレット等、法人の特徴や事業内容のわかるもの
・前年度活動報告 : (利用施設に関する部分のみ)
・当年度活動計画 : (利用施設に関する部分のみ)

◯応募書類郵送先及び問合せ先
 公益財団法人 鈴木道雄記念財団 事務局
 〒432-8611 静岡県浜松市南区高塚町300 Tel:053-447-8227
 Emaill:info@smmfound.suzuki

◯応募締切
 2021年 5月31日(月) 必着

※詳細につきましては下記URL先のホームページをご参照ください。

募集要項.pdf 資料
申込書.pdf 資料

主催者情報

主催者名公益財団法人 鈴木道雄記念財団 
担当者名公益財団法人 鈴木道雄記念財団法人 事務局
TEL・MAILTEL:053-447-8227/MAIL:info@smmfound.suzuki
主催URLhttps://www.smmfound.suzuki/

公開日:2021.04.01

可美だより(4月号)をお届けします

[Topics]
・館長挨拶
・『出張ひろば』が4月から開催します!
・受講生募集中!(栄養教室(上期)、親子レクリエーション講座)
・みなさん こんにちは 元気はつらつ教室 です
・防災訓練をしました!
・寄贈がありました!



可美だより4月号.pdf 資料

主催者情報

担当者名浜松市ふれあい交流センター可美
TEL・MAILTEL:053-440-0571

公開日:2021.04.01

「北浜地区シニアいきいきおでかけマップ」を作成しました!

包括北浜圏域の生活支援体制づくり協議体が、
浜北区北浜地区で行われているシニアの方を対象とした地域活動を紹介した
「北浜地区シニアいきいきおでかけマップ」を作成しました。

シニアクラブ、ロコモーショントレーニング、サロンなど
多くの活動が掲載されていますので、ぜひ、ご覧ください。

北浜地区シニアいきいきおでかけマップ.pdf 資料

主催者情報

担当者名浜北地区センター
TEL・MAILTEL:053-586-4499

公開日:2021.03.30

青龍だより 4月号

 
 ・人事異動のおしらせ

 ・教養講座の予定
 
 ・館内で咲いた「ハナモモ」の写真
 
 ・元気はつらつ教室の活動報告

R3青龍だより4月号.pdf 資料

主催者情報

担当者名 ふれあい交流センター青龍職員
TEL・MAILTEL:053-422-2161

公開日:2021.03.27

【天竜区】水窪地区社協と一緒におやつ作り講座を開催しました!

開催日時: 2021年3月11日 ~ 2021年3月11日   10:00 ~ 12:00

開催場所: 山村開発センター 料理教室

 水窪地区社協と共催で「すぐに使えるおやつ作り講座」を開催しました。この講座は、簡単なおやつの作り方を知ってサロンで作ることを目的としており、当日は地域のサロン活動者等が19名集まりました。

 今回は、講師の坂口さんが持ってきたレシピを基に、桜色の花まんじゅうやいちご大福を作りました。思いのほか難しい部分もありましたが、以前からサロンでお餅つきをされている方などもおり、大福の餡を包むときなど皆さんとても手馴れていました。「今度お餅つきをする際は、こうやって中にあんことか栗とかつめてみようかな?」と言う方も居て、とても楽しい講座になりました。

 天竜地区センターでは、こういったボランティア講座や、サロンでのレクリエーションの出前講座なども行っています。是非、地域の素敵な活動のお手伝いをさせてください。


  • レシピを基に作るおやつを紹介中

  • みなさんとても真剣でした

主催者情報

担当者名天竜地区センター
TEL・MAILTEL:053-926-0322

公開日:2021.03.23

湖東だより 4月号が完成いたしました!

 【Topics】
 ・あなたも同好会に」入りませんか?
 ・お催し物等のご案内   4月・5月
 ・福祉避難所開設訓練を実施
    主催は浜松市で、参加団体として静岡DCAT・災害ボランティア
    連絡会・地域の皆様・浜松市社会福祉協議会が連携しました。

2021湖東だより4月号.pdf 資料

主催者情報

担当者名浜松市ふれあい交流センター 湖東
TEL・MAILTEL:053-486-0650

公開日:2021.03.20

このページの上部へ戻る