• HOME >
  • 福祉宣言

福祉宣言

No.166(2017.06.05)

福祉宣言フォトギャラリー

このページの上部へ戻る

ご意見・ご要望について

ひとことメッセージを全て見る

No.1:ご意見

動物の持つパワーってすごいなって思います。補助犬の存在に感謝して生きていきます。【南区・28歳・女性】

社協からのコメント
動物から与えてもらえるものは計り知れないものがありますよね。

今回掲載した活動以外にも、動物が福祉社会に与えているものは数多くあります。災害時のペットとの同行避難についてや実際に福祉施設で活躍しているペットの紹介など、記事のスペース上、なくなく掲載できなかったものもありますので、機会を見つけて掲載できればと考えております。

また、補助犬というと「盲導犬」を思い浮かべる方が多く、「聴導犬」や「介助犬」を含めた総称としての認知度はまだまだ低いのが現状ですので、より多くの方に認知していただけるよう広報してまいります。ひとことメッセージ、ありがとうございました。

No.2:ご意見

ささえあいポイント(換金分)をご寄付される方が大勢いらっしゃることを知り、さすがだなと思いました。私はボランティア活動にもお金がかかるので、これを利用させてもらって助かっています。【中区・81歳・女性】

社協からのコメント
浜松ささえあいポイント事業は、介護施設や高齢者宅などで行ったボランティア活動に対して付与されたポイントを奨励金や寄付に交換できる制度となっています。

また、より多くの方にご参加・ご協力いただきたく、随時「登録研修会」を実施しておりますので、お友達にもお声掛けいただければ幸いです。

※本事業の流れについて、多くの方にお問い合わせをいただいておりますので、簡単に記載させていただきます。

①参加を希望される方は、電話などでボランティア登録研修会への申し込みをしてください(申込先:浜松市社会福祉協議会 本部 地域支援課 TEL 053-453-0580)

②登録研修(2時間程度)の受講

③活動先を探す(受入施設一覧表から選択できます)

④活動をしてポイントをためる

⑤ポイントの交換
「ささえあいポイント事業」の詳細は、こちら をご参照ください。

No.3:ご意見

ちょっと内容が面白くない【北区・26歳・男性】

社協からのコメント
このたびは、貴重なご意見をお寄せいただき誠にありがとうございます。

皆さまからお寄せいただいたご意見やご感想を参考に、「面白い」と感じていただける誌面づくりに心掛けてまいりますので、今後もご一読いただければ幸いです。

なお、これからもお気づきの点がございましたら、ご指導をくださいますよう併せてお願い申し上げます。

No.4:ご意見

善意のご寄付の皆さんの名を見て知っている人の多さにおどろきました。【南区・70歳・女性】

社協からのコメント
皆さまから、多くの善意をお寄せいただいており、お寄せいただいた寄付につきましては、ボランティア育成事業費、所得の低い世帯、身体に障がいのある人などへの援助、福祉施設、団体への物品の払い出しその他地域福祉推進のため、幅広く活用させていただいています。

なお、浜松市社会福祉協議会では、各地区センター・事務所において、常時寄付(物品・金銭)の受付をしております。

プルタブやベルマークの他、書き損じはがき・未使用切手(使用済み切手)などの受付も行っておりますので、ご協力のほどよろしくお願いします。

◆各地区センター・事務所一覧◆
http://www.hamamatsu-syakyou.jp/facility/index.html#honbu

◆ご寄付のお願い◆
http://www.hamamatsu-syakyou.jp/about/pdf/kifu_onegai.pdf

このページの上部へ戻る