• HOME >
  • 福祉宣言

福祉宣言

No.155(2014.09.05)

福祉宣言フォトギャラリー

このページの上部へ戻る

ご意見・ご要望について

ひとことメッセージを全て見る

No.1:ご意見

プルタブとベルマークを取っていますが、常時回収している場所はありますか?(中区・46歳・女性)

前までは1円玉と一緒に古切手を自治会の班長の方が年末に集めていただのですが、今はありません。集めた古切手を各地区センターに持って行ったら、数枚でも受け取ってくれますか?(東区・40歳・女性)

社協からのコメント
浜松市社会福祉協議会では、各地区センター・事務所において、常時寄付(物品・金銭)の受付をしております。

皆さまからお寄せいただいた寄付につきましては、ボランティア育成事業費、所得の低い世帯、身体に障がいのある人などへの援助、福祉施設、団体への物品の払い出しその他地域福祉推進のため、幅広く活用させていただいています。

なお、プルタブやベルマークの他、書き損じはがき・未使用切手(使用済み切手)などの受付も行っておりますので、ご協力のほどよろしくお願いします。

◆各地区センター・事務所一覧◆
http://www.hamamatsu-syakyou.jp/facility/index.html#honbu

◆ご寄付のお願い◆
http://www.hamamatsu-syakyou.jp/about/pdf/kifu_onegai.pdf

No.2:ご意見

教えて子育てのクッキングレシピが浜松らしい珍しいレシピで実践してみた。アイデア料理の幅が増えて今後も色々なレシピを教えて頂きたい!(中区・26歳・女性)

社協からのコメント
早速、レシピを実践していただき、ありがとうございます!
最近は、インターネットやレシピ本など、手軽に料理の幅を増やすことができる時代になりましたが、地元の食材を使ったレシピはあまりないかと思いますので、家族で一緒に作れる手軽な地場産クッキングレシピを今後も掲載していきたいと思います。お楽しみに!!

No.3:ご意見

HUVOCの記事を読んで、大学と地域社会のつながりがやがて大きな輪になって、お互いがお互いをみとめあう本来のボランティア精神が地域社会に広がっていくことを期待しました。考えるより行動する重要性を考えさせられました。大学生は行動力がありますね。大人もどんな形でもかかわっていくことが大事なのではないでしょうか。(北区・49歳・女性)

社協からのコメント
今回の「つながるハート」では、地域と協働した取り組みを行っている常葉大学浜松キャンパスの社会貢献・ボランティアセンターHUVOCの活動を紹介しました。

HUVOCでは、学生のみならず教職員の皆さんも積極的に地域に貢献できる組織づくりに取り組まれており、地域と連携した活動を展開をされております。

地域力のさらなる造成には、地域住民の皆さんの力が必要不可欠です。活動を目にした際には、是非ご参加・ご協力のほどよろしくお願いします。

No.4:ご意見

株式会社知久さん、素晴らしいと思いました。社会福祉法人と協力して作業したり、地域の人と交流してくれる企業が増えたら、皆が明るく楽しく、繋がりを大切に、仕事・生活ができるなと思いました。(東区・29歳・女性)

社協からのコメント
社協だよりでは、地域における福祉活動について企業と地域が連携する取り組みを紹介することで、浜松市における企業の社会貢献活動のさらなる充実と発展に寄与していきたいと考えております。

今後も、様々な取り組みを紹介できればと思いますので、ご期待ください!ひとことメッセージ、ありがとうございました。

No.5:ご意見

先日、街頭募金をして家康くんのピンバッジをいただきました。とてもかわいらしいバッジで大事にしようと思っています。(中区・53歳・女性)

社協からのコメント
赤い羽根共同募金にご協力いただき、誠にありがとうございます。浜松市では、お子さんからお年寄りまで幅広く人気のある「出世大名家康くん」とコラボレーションすることで、より多くの皆さまに赤い羽根の活動を知っていただき、福祉の輪を広げていければと思い、ピンバッジを活用した募金運動を今年度実施しました。

なお、皆さまからご寄付いただいた募金総額の約70%が浜松市における福祉活動(社会福祉施設・社会福祉協議会等)に助成されております。

今後も、多くの方々に親しんでいただき、ご協力いただけるよう募金運動を展開してまいりますので、引き続きご支援・ご協力のほど、よろしくお願いします。

◆赤い羽根共同募金のつかいみち◆
http://hanett.akaihane.or.jp/hanett/pub/homeTown.do?data.jisCd=22131

◆赤い羽根共同募金から助成を受けた施設・団体等からの「ありがとうメッセージ」
http://www.shizuoka-akaihane.or.jp/arigatou/itiran.asp

このページの上部へ戻る