• HOME >
  • 福祉宣言

福祉宣言

No.151(2013.09.05)

福祉宣言フォトギャラリー

このページの上部へ戻る

ご意見・ご要望について

ひとことメッセージを全て見る

No.1:ご意見

福祉クイズが大好きです。楽しみにしています。【中区・73歳・女性】

社協からのコメント
福祉クイズは、毎号多くの方に参加していただいており、今回も146通ものご応募をいただきました。正答率が非常に高く、皆さんに誌面の隅々まで読んでいただけていることを大変嬉しく思います。

また、福祉クイズと一緒に記入していただいております“ひとことメッセージ”は、上記「ひとことメッセージを全て見る」よりご覧いただけます。(寄せられた全メッセージを掲載しております)

今後も、メッセージお待ちしております!

No.2:ご意見

私は夏休みの自由研究に赤い羽根募金について調べました。これからも自分にできるふくしの協力をしていきたいです。【南区・10歳・女性】

社協からのコメント
数ある自由研究のテーマから、赤い羽根共同募金のことについて取り組んでいただけたとは…!とっても嬉しいです。

赤い羽根は、1948年頃アメリカで水鳥の羽根を赤く染めて使っていたのをヒントに、日本でも使うようになりました。ちなみに…日本では不要になった鶏の羽根を使っているんですよ。

機会があれば、ぜひ自由研究の内容を見せてください!

No.3:ご意見

つながるハートのページのような特別支援学校に支援・協力をしている個人、会社に協力していきたいと思います。また、このように紹介することで支援・協力する人、会社も増えていくと思います。【南区・52歳・女性】

社協からのコメント
浜松では多くの企業や団体が社会貢献の一環として、福祉施設への寄付や会社をあげてボランティア活動を推進しています。

助け合いや支えあいが、今後もさらに広がるよう、様々な活動を紹介していきたいと思いますので、ご期待ください!

ひとことメッセージ、ありがとうございました。

No.4:ご意見

詳細はホームページを…がパソコンのない私には少し寂しいです。【東区・62歳・女性】

社協からのコメント
コメントありがとうございます。誌面に限りがあり、どうしてもこのような表記が多くなってしまっているのが現状です。大変、申し訳ありません。

見やすく・内容が詰まった誌面づくりに努めてまいりますので、今後もご愛読のほどよろししくお願いします。

No.5:ご意見

スーパーやコンビニがなるべく家から近い所にある。車がなくても、公共機関を使って病院に行く事ができると安心して住みやすい。私は、今まで広島、神奈川、東京、石川で過ごしたことがありますが、浜松の気候が一番合っていて好きです。人と人が自然と声をかけあえる環境が嬉しい。【中区・24歳・女性】

社協からのコメント
浜松市は、毎年日照時間ランキングで上位にありますし、温暖差も激しくなく、とても住みやすい町ですよね。俗に言う「遠州のからっかぜ」は難点ですが…。

気候も人も朗らかで温かい浜松をもっと好きになっていただければと思います。今後も、メッセージお待ちしています!

このページの上部へ戻る