【活動レポート】生活支援体制協議体北遠中央圏域

生活支援体制協議体 北遠中央圏域の会議を実施いたしました。

3月1日(金)生活支援体制協議体 北遠中央圏域を山香ふれあいセンターを会場に開催しました。
北遠中央圏域は、天竜区の佐久間、水窪、龍山地区をエリアとし、21名の委員と関係者が集まり、日ごろ各地区で行われている活動について情報交換をしました。
佐久間地区では、地元の事業所さん79社が、普段の業務を活かし高齢者の見守り活動を行う「だ和いね安心ネットワーク連絡会」。水窪地区では、浜松市の制度を活用して、「ささえあいポイント事業 中山間地域在宅支援」。龍山地区では、「自分の目で見て季節の服を買いたい。という声から始まった「たつやマルシェ」。様々な地域課題に合わせて取り組んでいる活動ではありますが、実施する中で抱えている課題や悩みを出し合い、参加した委員同士でアイディア出しを行いました。「自分たちの地区だけでは、思いつかないアイディアもたくさんあり、地域に持ち帰って取り入れる事ができそうなことからチャレンジしていきたい。」との声があがりました。

主催者情報

主催者名 天竜地区センター
TEL・MAIL 053-926-0322
csw-tenryu@gaea.ocn.ne.jp

浜松市社協の取り組み